自分の地域は自分で守るということで消防団活動が欠かせません。火災があれば昼夜を問わず出動する団員の皆様にはただただ敬意を表するばかりです。私も消防団の名に恥じぬよう精進しております。ご縁あってラッパ隊にも所属しており、やっとラッパがそれらしく吹けるようになりました。