法律上は難しく定義されてますが、私としては、生き物が沢山いて、良い悪いではなく皆が共生していて、様々なものが巡っていて、それぞれ自然の恵みを分かち合っている…その流れに従って行うものを有機農業なのだと思っています。

 有機農業に取り組んで10年程度ですが、実際、取り組んでみて、単に化学合成された肥料・農薬を使わないというネガティブなものではなく、自然の摂理に従いつつ、生物多様性を有するほ場生態系を造るというアクティブな農業だと気が付かされています。