二本松市には、全国に屈指の有機農家の組織「二本松有機農業研究会」があり、安達郡内、二本松市岩代・東和地区には、有機農業に興味を持つ新規就農者がそれなりにいたことから、安達郡内の有機農家を中心に、奇しくも東日本大震災・福島第一原発事故があった平成23年に設立されました。

 首都圏への組織的・計画的出荷を目指して奮闘しましたが、原発事故の風評厳しく首都圏への出荷は断念しましたが、現在は、地元に軸足を移し出荷を行っております。

 東京オリンピック・パラリンピックに向け、首都圏での有機農産物のニーズが高まってきており、お陰様で首都圏へも徐々に出荷がはじまりました。